« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

創作料理 鳥胸と大根の葛打ち煮

あまった材料で簡単料理です。
胸肉に片栗粉をまぶして大根と煮るだけの簡単料理。

白しょうゆ酒白だしを使いました。
鶏肉は片栗粉をまぶして煮ると旨みが逃げなくておいしくできます。
さらにできるだけ弱火で煮るとさらにおいしくなります。煮物は弱火が基本これ基本です。
大根はした茹ですると苦味が減ります。

Dsc_5268

ゆずと山椒を散らすと色鮮やかになります。

なんかこれ作ったら治部煮が食いたくなったぞ。
よし次は治部煮を作ろう。

2011年9月28日 (水)

イタリア料理 ポルチーニのスパゲッティ

ポルチーニ初めて食べたときはいつだっただろうか。
初めて食べたときこんな旨いキノコがあったんだと思いました。
とにかく旨みと香りがよい。肉系の旨みにチーズ系の香り。

とにかくチーズによく合います。
今回5グラムほど使いましたが十分でした。
ほかにもキノコを贅沢に作ったので・・・
さらにチーズはパルミジャーノレッジャーノのみを贅沢に使用。(なんかCMみたいですね笑)
しかしもう本当贅沢なスパゲッティといってもいいと思います。

材料
にんにく
好きなキノコ(今回は)
しいたけ、ポルチーニ、まいたけ、エリンギ、シメジ
パルミジャーノレッジャーノチーズ。

まずオリーブオイル(ここでもケチらずオリーブオイルを贅沢に使って)でにんにくの香りだし。
でも最近はカレーでも何でもにんにくは最後の仕上げに入れるほうが多くなってきました。
テンパリングするとどうも風味が落ち着きすぎる気がする。
そして各種キノコをいためる。
ポルチーニの戻し汁は捨てずに上澄みをパスタのゆで汁とともになべで調整してください。

そしてよい感じにいたまったら、麺をいれチーズを全体に絡める。(このとき火は消しておいたほうが無難です)
そして皿に盛り照りが足りなければオリーブ、塩気は足りると思いますが足りなければ塩

黒胡椒を振りかけて完成です。さらにチーズを振りかけてもいいです。写真はさらに振りかけた状態です。

Dsc_5250

オリーブをケチらないでくださいね。
あまりポルチーニを使ってなくても結構香ると思います。
ポルチーニはまぁまぁ使って、オリーブ、チーズは贅沢に使いましょう。

2011年9月27日 (火)

薬味としてのスパイス

スープなどで、胡椒をがり、がりっと自分で書ける場合ありますよね。

あれは、料理を作った人に失礼とか、自分好みにするのがいいからとかいろいろな意見がありますが、ひとまず置いといて(自分はいいと思います)

あれって、完璧に混ざるわけじゃなくて、その部分を胡椒味で薬味的に食べるような感じだと思います。

そうなるとスパイスって先に入れるんじゃなくて、後から少しずつ食べ進めるのも面白いなぁと感じた今日この頃でした。

やっぱりスパイスは面白い。

2011年9月24日 (土)

もらい物いろいろ

しょうが、みょうがは甘酢漬け
なしはジャム
葡萄はエキスだけ抽出
トマトはドライトマト
疲れた。 でも次は栗をもらいたい(笑)
あと、ゴーヤーももらったんだ。 ピーマンは大量にもらってもすぐなくなる・・・・

2011年9月23日 (金)

たまには甘味物でも。

今回はというか、最初からたぶん日本人で食べたことがある人って100人もいないんじゃないかって言うお菓子。

お菓子というかデザートというかおつまみというか・・・
というかまたまたオリジナルなんですが、簡単に手作りできるもんじゃないし。

かきのくんせい・・・
かき・・・?牡蠣?・・・・

いやいや、そっちの牡蠣じゃなくてオイスターではなくて。パーシモンの方の柿。
柿の燻製です。しかも干し柿の燻製です。

まず、干し柿を手作りするのが大変。
更にそこから燻製という面倒くささ。

こんな感じです

Dsc_5199

しかも好き嫌いが分かれそうです。
ドライフルーツって、燻製にすると美味しいのですよ。
いちじくなんかもいいですね。最高ですよ。

あと、ラム、ブランデーなどにつけてもいいです。かなり美味しいです。

つまみ・・・そうつまみにもいいんです。ウイスキーなんかとやっちゃってください。タリスカーあたりで良いです。

燻製はまりますよ。

デザートカテゴリつくろうかしら。

しかしいきなりデザートカテゴリ作ってこれって・・・どうなんですかね?
つまみカテゴリか?

 

2011年9月22日 (木)

インド料理 チャパティ

インドの主食チャパティです。(北の方)
これは簡単にできるのでお勧めです。

その前にインドの話。
よくインド料理屋に行くとチャパティよりナンの方がメニューに載っています。ですがインドでは、ナンよりチャパティの方が食されています。
日本でナンの方が一般的になったのはナンの方が売れるのでメニューに乗せているからでしょう。
でも、かたくなにチャパティだけしかお勧めしない店もあるようです。
ナンはもともとは、店で食べるものなので日本にやってきたインド人シェフも普通にお店ですのでナンを出したんではないかと思われます。家庭的インド料理やが増えた現在では先の話のようにチャパティをすすめる店も出てきたんではないかと思います。まるっきり勘です。

まぁ家庭でナンみたいな面倒臭いものを毎日作るのも大変ですしね。これはぱっと作れます。
材料です。
全粒粉

お湯

作り方

その前に私のレシピは基本的に分量は載せてません。やはり好みもありますので(塩加減甘さ加減)載せる意味はあまりないかと思って載せていません。
でもお菓子やパンなどの計量が必要なものは載せてい効果と思っているんですが、やはり加水率も微妙な調整が必要なので状態を詳しく書く方向で今は進めようと思います。

1、全粒粉に塩とお湯を入れてかき混ぜる。(この時箸でかき混ぜると手につきません。)

2、全体が馴染んでひとまとまりになり柔らかさが出てくるくらいになったら加水をやめます。(今回は80%ぐらいお湯を入れました。)

3、ココで油を混ぜてもいいんですが、今回は素朴にしたかったので入れませんでした。

4、丸めて30分ぐらい休ませます。

5、拳だいよりちょっと小さいぐらいに分け打ち粉を引いたまな板で円に伸ばしていきます。

6、それをフライパンで焼いていきます。(もっと簡単にやりたければ魚焼き器に入れてもいいです。)

7、ぷっくりしたら裏返して両面焼いて出来上がりです。熱いうちに食べましょう。Dsc_5204

生地にスパイス類を入れても美味しいです。
今回はバターを塗ってアジョワンをふりかけて食べました。(カレーじゃない(笑))
バターでも美味しいですよ。

2011年9月20日 (火)

ドイツ ミュンヘナーヴァイスヴルスト

ドイツのヴァイスヴルストです。
この料理は一度は食べてみたいと思っていた料理で、実際食べて美味しかったんです。
で色々エピソードがあるのがまたいい。
これを食べるのは午前中までだとか、付け合せはプレッツェルと甘いマスタードとビールだとか、吸い出して食べるなどなど。

そして普通に上品な食べ方があって、あっそういえばコレ皮は食べません。
そしてどうやって食べるかというと、フォークで横の端のほうを刺し
ナイフで縦半分に切っていきます。この時下側の皮まで切ってはいけません。
そしてナイフで肉をちょうど魚の皮から実を剥がすようにプリンとはがしていきます。

まぁ言葉で見るより映像で見たほうが早いです。
http://youtu.be/TgRmshvNgQQ

肉は歯ごたえのある肉がいいけれどたまにはふわふわに柔らかい肉も良いですね。
実にハーブが効いていて良い。レモンとセージの風味が特に強いです。
Dsc_5223

つけあわせは茄子と胡瓜と茗荷のマスタード合えとトマトです。
ドイツ料理うまい・・・!

2011年9月19日 (月)

インドのスパイス ヒング アサフォティエダ

これは日本でも持っている方は少ないんじゃないでしょうか。
ヒングという商品です。商品名らしくて原材料はアサフェティダ
ヒングが英名でアサフェティダがサンスクリット語です。
なんで英名とサンスクリット語を使っているのかわかりませんがそう書いてあります。
お店でこれを買うとき手に取るだけで強烈な香りが立ってきます。
玉ねぎ臭です。さらに言えば三角コーナーに置いておいた玉ねぎ(笑
軽く使ってみましたが、結構な量使わないと香りがでないので意外と使いどころが難しい・・・
更に、ニンニクと玉ねぎがあれば割と必要性を感じないという・・・

Dsc_5155
ベジタリアンの最高レベルのフルータリアンがニンニク、玉ねぎの代用で使うらしいので(ちょっと詳しく忘れてしまったので詳しい方はツッコミよろしくお願いします。)使い道はないのも当然ですね。でも玉ねぎニンニクがないときに使うにはいいのでまあそのうち無くなると思います。それに、似ているだけで、まるっきり一緒というわけでもないですし。

2011年9月17日 (土)

創作料理 じゃが芋棒(ジャガイモと棒鱈)

先に行っておきたいことがあります。
男爵やキタアカリってデンプンが多いので個人的にはあまり煮物に使うとザラッとして好みません。

でも今回この料理を作るにあたって里芋がないのでジャガイモで作るかぁとなんとなく使ってみたんですが、ジャガイモが豹変しました。
棒鱈を圧力鍋で柔らかくした後、味を染み込ませるためじゃが芋と棒鱈を煮込むんですが、圧力鍋でやったらドロドロになって粉っぽくなってマズそうだなと思い、とろ火で鍋を放置してればいいやぁってことで煮てたんですが、化けました。
見事に、ねっとりとした、粉っぽさを感じないジャガイモになりました。
これは美味しかったですね。棒鱈も美味しかったんですが、この芋がもうバカウマ。
澱粉の多い芋もとろ火で煮ればうまくなることがわかりました。

この煮方ってあまり一般的に知られてないですよね。知ってたら絶対試していると思うし。

その前に、煮方の問題かどうか検証してみる必要があります。
濃い塩水につけていた。結構醤油砂糖の強い汁で似ていた。実はジャガイモがでんぷん質の少ないジャガイモだった。
とにかく3番目は最悪ですね。これはないと思いますが、とりあえずまたねっとりなるように実験してみたいと思う。

あっ、芋棒のレシピ全然書いてなかった(笑
次にちゃんと書きます。

2011年9月16日 (金)

創作料理 なすと豚肉の甜麺醤炒め

簡単に味噌炒めです
まず材です。
豚肉バラ肉か油があるコマ肉
茄子(薄い輪切りにして15分ほど塩水につけてください。)
甜麺醤(赤味噌でもいいと思いますがその時は酒と甘みを足してください)

作り方

まず豚肉を炒めます。あらかた火が通ったら皿に開ける。
この時中華鍋は洗わずに茄子を炒めます。
この時パンチが欲しければしょうが、ニンニク各種炒めてください。
なすを両面いい色になるまで炒めます。(薄くスライスしたので早く火が通ると思います。)
そしたら豚肉を入れ、甜麺醤をいれてください。
そして炒め合わせて完成です。
Dsc_5174

炒め合わせているときに胡麻と合いそうな香りがしたので胡麻をふりかけてみました。
ごま油をふりかけてもよろしいかと思います。さらに花山椒をかけてもいいです。
うちには辛いのがダメなのがいるので、唐辛子は入れてませんがもちろん唐辛子をいれてもOKです。入れるタイミングは茄子を炒めるタイミングでOKです。豆板醤でもOKです。その時は甜麺醤を入れる量を控えてください。

こっくりした味噌の味をお楽しみください。

2011年9月15日 (木)

沖縄の料理 ツナとゴーヤーのチャンプルー

沖縄の料理です。
ゴーヤー、グリーンカーテンでたくさんなっている方おられるんじゃないでしょうか。
うちにもまだ在庫があります。とりあえず逸品はゴーヤーチャンプルーを作るんじゃないでしょうか、たまには肉じゃなくてツナのチャンプルーを作ってみませんか?
これがまたツナのコクがあって美味しいんです。

材料です。
ゴーヤー(は薄くスライスすると苦味が減ります。そして塩水につけてください)
ツナ缶
もやし


基本的には何でも炒めちゃっていいです。もやしがなくても、豆腐を入れても。
まずゴーヤーをしっかり炒める。そして野菜類を入れて炒める。
次にツナ缶を炒めてください
そして卵を入れる分量を考えて塩味をつけます。ゴーヤは味が通りにくいのでそれなりに塩をつけてもいいです。
今回はちょっと変わって魚醤(ナンプラー)で炒めてみました。
最後鰹節をかけるので魚醤?と思っている方もぜひ使ってみてください。絶対合います。
逆にこの風味がいやならばよく炒めれば風味もある程度飛ぶので大丈夫です。

そして割りほぐし他卵をかけてふわふわのまま炒めて完成です。
この時塩味が足りなかったら足してくだされば結構です。
皿に持ったら鰹節をたくさんかけてください。今回は魚粉をかけてみましたが、不得意な方は鰹節で。

Dsc_5146

泡盛との相性抜群です。さらにコーレーグース、石垣島ラー油をふりかけてもいいです。

 

2011年9月14日 (水)

地中海あたりの料理 いわしの香草パン粉焼き

突然ですがみなさんは缶詰は備蓄してますか?缶詰好きですか?
先の震災で缶詰の存在が見直されてると思いますが、料理に使ってももちろん美味しい。

いわしの缶詰を使った簡単な料理です。
私何を隠そう缶詰マニアなので缶詰は常にたくさん持っています。なので料理に使うことも多々あるのでちょくちょく缶詰料理は出てくると思います。簡単で美味しいので缶詰是非皆さんも活用していただきたい。
さて今回はいわしの香草パン粉焼きです。これは簡単で美味しいく、栄養も取れるので重宝する料理です。
材料です
いわしのオイル漬け缶詰
パン粉
バジルなどの香草
にんにく
レモンまたはレモン汁


作り方

まずいわしの缶詰の蓋を開けていわしを取り出し(この時缶汁はとっておく)
半分に切れていれば耐熱皿に綺麗に並べる。
丸のままで切れてなければ半分に切って並べる。
そしてスライスニンニクをまんべんなくいわしの上に載せる。
そしてパン粉をまんべんなくふりかけて200度のオーブンで10分から15分程度焼く
焼き色を見てください。
そうして香草をふりかけて皿にレモンかレモン汁をふりかけてオイル分が足りなければ缶の中に残ったオイルを振りかけて完成です。
お好みで粉チーズをかけてもいいです。Dsc_5171

2011年9月13日 (火)

創作料理 ジャガイモとピーマンの塩炒め

じゃがいもと消費料理です。
順調にじゃがいもが減ってきました。さらにピーマンが増えたのでピーマンも消費。
作り方です
じゃがいもは綺麗に皮を剥いて千切りにして水に晒します。
ピーマンは縦に千切りにします
そしてフライパンでじっくりじゃがいもから炒めます。
火が通ったらピーマンの風味を残すためにピーマンは軽く炒めます
塩で味をつけて皿にもったら完成です。Dsc_5158

基本的に塩味なんですが、各自スパイスなどをつけて味に変化をもたらせるといいです。
当初、クミンかコリアンダーで炒めようかと思いましたが、両方食べたかったのでシンプルな塩炒めにしました。
というより素材がいいと結局塩で炒めるだけでめちゃめちゃ美味しいです。
炒め方、あぶらの使い方、塩の使い方ってのも重要になってきますが。

2011年9月12日 (月)

今だけの味 生カレーリーフ

生カレーリーフ売っていたんで買ってみました。Dsc_5157
なるほど、乾燥カレーリーフとはかなり味が異なります。全然生のほうが強い。

ちなみにタイトルの今だけの味というのは店に夏限定と書いてあったからです。
今しか売ってないのかな?勿体無いので使い切れない分ある程度しなびてきたら冷凍にしちゃいます。

2011年9月11日 (日)

タイ エスニック 鳥ひき肉のガパオ

タイご飯です。
あまりエスニックは作りませんが、久しぶりに。
本当はホーリーバジルがよかったのですがないので普通の西洋バジルを使いました。
レモンバジル、シナモンバジルなんてバジルもあります。
で先に言い訳なんですが、うちにレモンバジル、シナモンバジルも生えていたはずなんですがちょっと見当たらず、普通のバジルだけ使いましたが、それほど量がないのでバジルは余りいれてません(汗
おいしく作るコツはバジルをたくさん入れることなんですが・・
それでは早速材料です。
鳥ひき肉(これは胸肉を荒めにたたいて用意しました)
にんにく(たくさん使ったほうが風味がよくなります。)
唐辛子、ピーマン、パプリカ、(これをひとつにまとめる方法!!福耳甘唐辛子を使ったのですべての代用になりました。用は大きい唐辛子です。写真に写ってるのは実はピーマンじゃなくて唐辛子なんですね)
たまねぎ、(風味付けにねぎも入れました)

作り方
1、まずなべに油を入れる。今回はチー油を使いました。これだけでぐっとうまくなります。
そしてにんにく唐辛子をいためる。今回は甘唐辛子を使ったのでいためない。

2、次にたまねぎをいためます。色が透き通ったら肉を入れます。

3、肉がいたまったらピーマンパプリカを入れる。今回はこのタイミングで甘唐辛子そうしていためたらオイスターソースをかけます。ナンプラーの文も考えて味付けしてください。
甘みが強いほうがよければオイスター大目、ナンプラー味が好きならば減らしてください。

4、バジルをちぎってどっさり入れます。(あまり火を通さずさっとでいいです)

5、お皿にもってなべが空いたらすぐ卵を用意。そして強めの火でさっと目玉焼きを作ってください。(なにしろ炒め物がさめたら意味ないので)ちなみにタイでは目玉焼きはほとんど火を通すので、先に用意する方法や別のフライパンでタイミングを合わせるというやり方でもいいと思います。(私はさめるのがいやなので)

6、目玉焼きを盛り付けたらナンプラーを振りかけてください。ナンプラーは炒めるよりかけたほうが風味がたっておいしいです。苦手な人はオイスターのタイミングで。
Dsc_5192

目玉焼きのシズル感がいい感じです。

このときバジル感が足りなければ感想バジルでもいいのでどっさりかけてください。
唐辛子がピーマンの代用みたいな感じですが辛くていい感じです。

今度は大豆で鶏肉の代用にしてみようかと思います。これだけ味付けが強いと何でもいい気がする(笑

2011年9月10日 (土)

創作料理 イカ墨風スパゲティ

スパゲティの中で何が一番好きか?で考えるとイカスミスパゲティってわけじゃないんですけどイカスミスパゲティはかなり好き。(なんだそれ

でも、作るのが墨使わないといけないのでなんとも面倒。
それに塩辛や、キモソースを使った刺身など他にも食べたくなるのどうしても機会がなくなる。

まぁ最近はチューブ入りの便利なのもあるけどそこまでスパスパしてるわけじゃないし。

一応イカスミっぽくしてみましたがイカスミは一切使ってません。
これは、某ソースを使っているときに、おお!海苔とイカスミって風味が似てるなぁと思い、
これはイカスミの代用にならないあかなぁと思って作りました。
先に結果から書くとあくまでも風ですね。

でも、お中元ののりが余ってる方にはいいかもしれません。

材料です。
オリーブオイル
ニンニク
冷凍の海鮮ミックスから適当に
白ワイン
トマト
のり
バジル

作り方
まず、オリーブオイルたっぷりでニンニクをテンパリング。この時辛いのがお好きな方は鷹の爪を
ニンニクはたっぷり入れて効かせるのが自分は好みです。
そして海鮮を入れ炒める。そして白ワインで蒸します。ワインは多めでもかまいません。
そしてトマトをざく切りにして入れます。
そして注目ののり。のりは黒い海苔の方がいいです。緑の海苔だと風味も弱いし、色も綺麗に出ません。細かくちぎって入れましょう。今回は小さい海苔4袋使いました。

海苔に結構な量の水分が吸われると思うので更に茹で汁を足して調節してください。
というより絶対足すことになると思います。
そして茹で上がったパスタをフライパンで絡めて塩で調節して完成です。
塩は強めが美味しい。 

Dsc_5179
そしてバジルをきれいに散らして完成です。

見た目は黒くてイカスミっぽいですが、風味がまだ弱いような気がします。
もっともっと海苔を入れていいような気がしますが、そうなると海鮮の味が弱くなるのでこの程度のバランスで落ち着きました。
もっと磯の風味が欲しければどっさり入れてください。
あとオリーブオイルもけちらないことが美味しさの秘訣です。

2011年9月 8日 (木)

ノスタジルジック料理 ポークビーンズ

古くは失われた料理ではなく、ちょっと前や給食などで食べられた料理をノスタルジック料理となずけています。好きなんですね~この感じの料理。

新しくノスタルジック料理カテゴリ設けようかしら。

Dsc_5120

レシピです。
ケチャップは使っていません。でもケチャップとスープストックでも作っても絶対おいしいです。

肉は豚肉。給食ではブロック肉だったと思いますが、今回はこま肉を使いました。ま、豚肉なら何でもいいと思います。
大豆。インゲン豆でもほかの豆でもいいと思いますが、学校では大豆だった。
たまねぎ。
トマト缶詰を使いました。

オリーブオイルで肉たまねぎをいため、たまねぎが透き通ったら大豆も少しいため、トマト缶をいれ、水を入れ煮込む。このときにハーブも入れる自分はセロリシード、オレガノを入れました。
味付けは給食風にするなら砂糖を多めに入れてください。ケチャップの場合はそこまで必要ないと思います。そして塩で味を調え完成です。

簡単な上おいしいので、よく作りたいですね。

2011年9月 7日 (水)

肉の王様 羊肉

やっと、やっと、マトンを手に入れました。
カットマトンですが。
キロ1400円です。まぁまぁのお値段です。

ブロックでステーキにしたかったんですが、脂をトリミングしたらカットステーキに(笑)
」しかし、和牛はなんでわざわざ脂ができるように育てているんでしょうかね?
こっちは必死に脂をトリミングしてるって言うのに。
まぁそれで値段が安ければ文句は言いません。なぜか逆に値段が高くなっているのです。
私には理解できな~い世界です。

さあさ焼いた感じです。すぐ食べたかったので焼き加減はウェルダン。

Dsc_5127

なかなかうまいです。まずなんといっても香り。でもそこまで思ってたより強くなかったです。
もっとこう、ぐわ!!っとくる香りかと思ったら上品に良いラムのちょっと上と言った感じでしょうか。
驚いたのがうまみですね。うまみ豊富で塩だけでかなりうまいです。
何の料理に使おうかと考えると同時に、焼くだけで十分だろとも思ってしまいます。
やっぱりまずはカレーか?

あと次のステージは、種類にもこだわってみたいです。
サウスダウン種、サフォーク種など。というか、今食べてるのは何の種類なんだろう(笑

2011年9月 6日 (火)

秋の味 フランスモン・ドール チーズ

モンドールです。

Dsc_5019

ウォッシュチーズの中ではマイルドで食べるとがっくりきちゃう方もいるかも知れませんが、
これはうまいです。

エピセアの香りがかなり良くて、味も結構しっかりします。
チーズとしてのレベルは低いかも知れませんが、エピセアの香りとチーズの変化球と考えた場合、結構いいと思います。

マイルドと言う情報で買うのをためらっている方も森の味を感じたいと思ったら買ってみるべきです。

食べ終わった後はまるで森林を散歩したような充実感でした。

余談、最後モンドールの食べ終わりに、箱ごとレンジでチンしてとろとろになったのをご飯にかけレバーと一緒にモンドール丼して食べたらすごくおいしかった。

2011年9月 5日 (月)

鎌倉 生シラス丼

これは郷土料理といっていいかわかりませんが、初めて食べたときうまいな~と思ったものなので。

しかも料理と言うには簡単すぎる。ただ生シラスを乗っけるだけ(笑)
でもおいしかったなぁ~~

Dsc_5067

私が食べた店は、青じそが敷いてあり、しょうが醤油でしたが、今回はしょうゆだけでいただきました。甘いしょうゆで食べてもおいしいと思います。
あとはごはんにいりゴマなんかを入れても良いですね。のりもいい。卵黄もいい。

何でもいいと思います。これも生シラスが偉大だからできることですね。
生シラス、食べたことがない人はぜひ食べてみるべきです。おいしいですよ。
最近はスーパーでも売ってます。

2011年9月 4日 (日)

創作 茗荷の肉巻き

茗荷、家にいっぱいなってたので豚肉で巻いてみました。

作り方、茗荷を縦半分か3等分に切り豚の平肉で巻いていく。
サッパリ感を更に追求するなら青じそを刻んでいれてもいい。

そうしたら、片栗粉をまんべんなくまぶす。
フライパンに油を引きじっくりと焼く。

タレはレモン塩ダレとか試しましたが、
結局醤油と味醂で煮詰めたタレが美味しかった。
醤油1酒1みりん1ぐらいの甘めのタレが良かった。

肉自体に茗荷の爽やかさがあるのでタレは結構甘めが美味しいです。

煮っからめてもいいし、上からかけてもいいです。
写真はいろいろな味を試したかったので煮からめてません。

Dsc_4975

2011年9月 3日 (土)

フレンチ サーモンのムニエル ノワゼットバターソース

火入れを見るために作りました。

やや、火を入れすぎたか・・・
でもバターソースはすごくおいしかった。

Dsc_5066
作り方
まずサーモンのした処理です。皮をとって塩胡椒をして味付け。
その後全体にまんべんなく小麦粉をまぶす。

で、肝心な火入れ。
中火と弱火の真ん中グラの火加減でバターを溶かして焼きます。
蓋をすると蒸れてしまうので蓋はしません。
カリッとなったら、裏返しこちらも焼き目がつきカリッとするまで焼く。
一番いいのは中がぎりぎり火が通るくらいのタイミングで表裏が焼き目が付けば
いいんですが、なかなか難しい。

盛り付けたら、そのフライパンでバターを焦がします。バターは黒くなるまで泡を見ながら焦がしてください。
それをサーモンにかける。 じゅっといい音がするはずです。
最後に輪切りのレモンをサーモンの真ん中に乗せてパセリをかける。

うちはレモン汁をかけました。レモンがなかったので・・・

フツーのバターでもいいけど焦がして食べても美味しいですよ。お試しあれ。

2011年9月 2日 (金)

純日本料理 純喫茶風ナポリタン

ナポリタンはノスタルジックだ。ナポリタンは奥が深いです。マニアも多い。
浅草にもデンキヤホールと言う有名店があります。
と言うか台東区はいい喫茶店がありすぎ。
ナポリタンはレストランというより喫茶店のイメージなんです。
純喫茶でいただくナポリタン。いいじゃないですか。
銀の皿で出てくれば、更に良し。
昭和の香り。純喫茶の香り。そんなイメージで作りました。

Dsc_5026

レシピは特にいらないと思います。コツとしては
湯で加減は強め。ケチャップ強めで炒める。
ウインナーはよく炒めて焦がしましょう。具は好きなものを入れましょう。
緑の野菜があるとよし。

こんなかんじでOKだと思います。

私が好きなのはズルズルに茹でてよく焦がし、ケチャップでベチャベチャにしてケチャップも焦がすところです。 口の中パサパサでした。

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »