« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

ステーキ 焼き加減 テスト。

ミディアムに焼いて見ました。Dsc_4941s外は良い感じ。

Dsc_4946

中は焼き過ぎでした。もう少し火を弱く長く焼いたほうがいいですね。

2011年10月30日 (日)

甘味物 ラズベリーのコンフィチュール

あんまりヨーグルトを甘くして食べるってことはないんですけどね。
ラズベリーのジャムが美味しくできたんで、入れて見ました。Dsc_4702

写真が暗くなっちゃったけどいい色にできたんですよ。
ラズベリーうまい。ちょっと海苔や藻、苔のような香りにベリー系の甘さそして強い酸味。
まさに酒好きのために生まれたような味です。コレでワイン作ったら美味しそうだけど、甘みが足りないんだろうな。すかったワインになりそうです。
コンフィチュールを水で薄めてジュースにして飲んでも美味しいからそれで納得してます。
と言うかジャム作ってもそればっかりですが。パンは甘くして食べないし。
あとはパウンドケーキにでもしてもいいね。

2011年10月29日 (土)

缶詰料理 味付けマグロの温玉!

大好き缶詰。 一品足りないときに。どうぞ
これは味付けが濃い(笑)
そんな時は野菜を足して全体的にまとめる。
卵もいいまとめ役です。卵を使えばたいていはまとまる(笑)Dsc_5305_2

Dsc_5306

こんな感じで。(どんなかんじだ!)
ネギとマグロを入れて軽くチンして温玉かけるだけですよ。すぐ出来ます。
後は胡椒や山椒をちょろっとかけてもいいし、海苔でも散らしてください。
うまいっす。

2011年10月28日 (金)

創作料理 ジャガイモのシャキシャキカレー粉炒め

まだ続いていますジャガイモ消費。
もうだいぶ少なくなったので、こんなもんでいいかなぁ。

作り方は簡単。
ジャガイモを千切りにして、塩と赤缶で炒めるだけ。
最後にパセリをふりかけて見た目よく。

Dsc_4899

何気赤缶すげぇ フェヌグリーク、ガラムというのか、オールスパイス系というのかが効いていてうまい。
赤缶見直しました。SBすごい。コツはあまり赤缶を使わないこと。味は塩で決めてカレー粉は風味程度でいいです。初めての人はどうしてもカレー粉をふりかけ過ぎてしまいます。
そうすると味は強くならずに、辛味と、フェヌグリークの渋みが強くなるのでいっそう食べにくくなります。気をつけてください。

2011年10月27日 (木)

日本料理 ひじきの煮物 

家の味付けってどうやっても他人が出せないですよね。
それはやっぱり細かいブレがあるから。
素材の味の強度。煮込み時間、細かい分量、意識にないアレンジ、調味料の種類。
だから家の味はその人にしか出せない。だから細かい分量は書いても意味無いですよね。何を言いたいのかというとうちの味なんてタイトルで書こうと思いましたけどやめましたってことです。

やっぱりうちの味はその人に作ってもらって食べに行くしかない。
これはうちの味のおいしいひじきの煮物です。

材料。
ひじき
大豆
銀杏
人参
高野豆腐

作り方
1.ひじきはもどして行平鍋に人参銀杏を入れてその上からひじきを入れて酒をふりかけて高野豆腐を入れて弱火にかける。 人参と銀杏を蒸し焼きにするイメージです。

2.だし汁(昆布)を入れ大豆水煮を入れて醤油味醂で味付けて水分を飛ばしたら完成です。Dsc_5438大豆は入れたほうがいいなぁ。
大豆が美味いです。
後木の芽はお好みでどうぞ。
やっぱり我が家の味って感じで言いですねぇ。他人が同じ感じで作っても同じ味にはならないんだろうなぁ~。
意外と意識のないアレンジってのが大きな問題だと思います。

2011年10月26日 (水)

日本料理 きんめの煮付け

いや、やっぱりしみじみ日本料理はいいなぁと感じます。
旅館で食べたこってり風味にしようかと思ったけど方向転換軽めの味付け。

おいしかった。けどもう一声脂ののりが欲しかった。

Dsc_5448材料
金目鯛
生姜
以上。

作り方。
1.まず熱湯をふりかけて霜降りにする。
2.醤油、味醂、酒、水、生姜(薄切り)を鍋に入れて煮立たせる。
3.金目鯛を入れて落し蓋を入れて弱火で火を通すだけ。
コツは味付けですね。ダイナミックに甘辛くしたほうが美味しいと思います。
薄味はそれで美味しんですけど、ご飯がすすむ味付けとなると結構濃い味付けのほうがよろしいかと思います。
木の芽や高野豆腐を一緒に入れて飾ってみました。
料理は見た目も大事です。皿の大きさも大事ですね。反省。

2011年10月25日 (火)

インド料理 モロヘイヤのサグカレー

正確にはモロヘイヤだけのサグカレーか。
今度はミキサーを使って作りました。
やっぱり粉砕度が全然違います。

材料
モロヘイヤ

作り方。
まず各種スパイスをテンパリング。
今回はクミン、クローブ、カイエン
そしてニンニク生姜御入れてフェヌグリークを入れてすぐにモロヘイヤ。
水とコリアンダー(粉)を入れたら煮込んで塩で味付けて調整用のスパイス(ガラム)いれて完成です。
Dsc_4973

パプリカふりかけてみました。
うーん出汁が弱かったかな。
玉ねぎかトマト入れるべきだったか・・・
卵落としても面白かった・・・今思うと

どこまでもモロヘイヤーーー!!って味でした。
ねっとりして美味しいんですけどねぇ

2011年10月24日 (月)

缶詰料理 鹿と春菊の和え物

鹿の缶詰です。 天然ものの字が誇らしい。Dsc_5420

Dsc_5418

 

Dsc_5419鹿の肉を食べるのは二回目。
一度刺身で食べたことがあります。
味わいは馬より淡白でした。
要するに上品な味。臭みとかそんなレベルじゃないです。淡白そのもの。旨みはあるけれども。
火を通してあるけど多分淡白だろうなと思い缶詰料理。
Dsc_5423
うーん浮いた味になってしまった。やっぱり淡白だった。
鹿が上品なのはわかっていたが、味付けも上品だったので、春菊とうまくなじまなかった。
予想と違った強さの味付けなのが缶詰の面白いところ。

もっと汁たっぷりで甘辛いと思ったんですけどね。良い味付けでした。

2011年10月23日 (日)

もつの煮込み

内蔵大好き。
もつ大好き。
もつの煮込みはそれぞれの味があるので載せようか迷ったけどコツだけ。
もつは水洗いするだけ。下茹でしません。モツは臭くないです。
(でも色々みてみてね。もつによってはトンデモナイのあるかもしれないから)
生姜多め、ニンニク少なめでボイルして灰汁や油を充分に取ればそれだけで美味しいスープの出来上がり。
あとは各種調味料、味噌を入れ大根ん人参などを煮こむだけ。
ネギはたっぷりめ。これだけで美味しい。豆腐、こんにゃくもいいけれど、
今回は野菜のみ。ところでみなさんは何味噌で作ってますか?
うちは普通の味噌汁を作る味噌。
なんかコレが一番美味しい。白とか赤とかは殆ど使わない。
まっコレも好みです。Dsc_5417

あっ後もう一つコツ。塩味は強めにつけること。
でもコレが難しい。

2011年10月22日 (土)

創作料理 フィリステーキ 十和田バラ焼き か?

肉がどうしても食べたい時ってありますよね。
しかも厄介なのが、いろいろな味で食べたい。そんな時はこの料理。

塩コショウもせず焼いて酒をふりかけフランベしただけ。
コレに各種チーズをかければフィラデルフィアのフィリチーズステーキサンドの中身になります。
醤油ベースの甘辛いタレを(スタミナ源のたれ)かけるとバラ焼きになります。
すき焼きのタレをかけると牛丼風。
まぁ塩胡椒だけでも美味しいんですけどね。Dsc_5413

ちょくちょく作ります。コレにキャベツを添えて。食べればボリューム満点。
肉はオーストラリア牛かアメリカ牛がいいです。
和牛は金の無駄遣いです。牛脂でも刻んで食べれば同じ事。

2011年10月21日 (金)

浅草 あずまの純レバー丼を作る。

あずまの純レバー丼が急に食いたくなりました。
しかし最初の有名店のレシピを作るがあずまってのもマニアックだな。
適当な居酒屋にでもしておけばよかったか。

しかも相当前(10年ぐらい)に食べたんだし記憶も薄れています。
ただパンチがあった味なのはよく覚えています。

とりあえず材料
レバー(豚)
ねぎ
一味唐辛子
しょうゆ
砂糖

なんですが作ったのは簡易です。
まず普通はいためると思いますが、ゆでてあったレバーをチンして焼き豚のたれに絡めて七味をふって出来たがりです。5分もかかりません。
まぁお店で食べてもそんなに時間かかりませんけど。

実際に作るとなったら、フライパンレバーとたれを一味とでいためてください。

Dsc_5452

しかも調べたら鳥レバーだった。一応ハツとか鳥レバーとかも入ってるけど(笑)。作った後検索してみたら葱とレバーの載せ方逆だった・・・

いろいろ間違ってますが、まぁうまかったから良いんですけどね。
ただわかったことは鳥レバーのほうが味が濃い。物の本によると牛、豚、鳥だったのに・・・
今度から鳥レバー買おうかと思ったけど、豚レバー安いんだよ。100g75円ぐらい。安!

2011年10月20日 (木)

ブログネタ: 大好きなハンバーグはどれ? 創作料理 鯵のハンバーグ

ブログネタ: 大好きなハンバーグはどれ?参加数

と聞かれると、鯵のハンバーグと答えてしまうかもしれません。

ハンバーグ、肉で作るのが当たり前かと思われますが、魚のほうがおいしいかもしれん。

もとはコープのあじのコロコロ焼きというのがすごく美味しくて、自分で作ってみるかと言うことになり作ったのだがこれがめっぽう旨かった。下の写真は焼いているところです。
それでは作り方です。

Dsc_5425

材料
鯵(鯵は下ごしらえをして切り身の状態にしておく)
ねぎ

材料はシンプルにこれだけです。これだけで美味しいんです。素材の味が活きます
1.鯵はミンチにしてねぎも一緒にミンチにする。さらに塩を入れてよくこねる。その後つなぎのための片栗粉を少し入れて、胡椒も少し入れる。(白でも黒でも)
2.まとめたら中央をへこませ所謂ハンバーグ型にしてまとめる。
3、フライパンでじっくりと焼くだけ。

Dsc_5434

これだけでかなり美味しいです。本当びっくりします。しょうゆをチョロットかけても美味しいですよ。
この後さばで作っても美味しかった。肉で作っても美味しかったです。
まあハンバーグは結局美味しかった。と言う話ですね。
いやまじで鯵ハンバーグ美味しいですよ(笑)

2011年10月19日 (水)

インド料理 たまねぎと大豆とコーンのライタ

大好きインド料理。

たまねぎのライタです。
結構前に撮ったやつが出てきたので、レシピはわかりませんが、
一般的なやつで、クミン、チリ、レモン、パクチーを使ったやつだと思います。名前が国めちゃくちゃなのは許してください。

で、これがめっぽううまいやつだったのは確かです。Dsc_4675

というかヨーグルトは料理に使うとかなりうまくなるんです。

積極的に料理に使っていこうよ皆さん。

2011年10月18日 (火)

創作料理 ぱっと見青椒肉絲(チンジャオロース)

じゃが芋消費料理です。

ぱっと見ジャガイモとたけのこって似てるんじゃない?と思いついて
たけのこをジャガイモで代用して作りました。
更に牛肉がなかった&豚肉好きさんが家にいるので豚肉で。

Dsc_5257

結果は実験成功でできも見ての通りたけのこに見えます。そしてジャが芋がシャキシャキしてたけのこっぽい感じの食感で美味しかった。

味はたけのことは違かったけど。いろいろ作った結果、たけのこの代用にジャガイモを使うのはかなりありだと思う。この場合の代用は主に色や食感でたけのこの味という面では全く期待できないのであしからず

ではレシピです。と言っても一般的なチンジャオロースノ作り方ですけど。
材料
豚肉
ピーマン
じゃが芋
生姜
ニンニク

1.まずジャガイモは水につけて澱粉を落とす。
2.次にしょうがとニンニクをすりおろして肉に紹興酒、醤油、胡椒いれよく揉む。
3.ある程度使ったら片栗粉を軽く入れておく。あまり入れすぎないように。
4.フライパンにジャが芋を入れ炒めていく。
5.大方火が通ったら肉を入れて更に炒める。その後ピーマン
6.個人的な嗜好ですが自分はピーマンはあまり炒めないでさっと仕上げます。
7.その後オイスターソースと紹興酒で仕上げます。
8.仕上がりがとろっとしたのが好きならば水溶き片栗粉をちょっと入れると、テカった仕上がりになります。

簡単ですが本当美味しいのでぜひジャガイモで。

2011年10月14日 (金)

ドラゴンフルーツ

ドラゴンフルーツです。
ずっと気になっていたので買って食べてみましたが、味が薄い。
味が薄いキュウイといった感じです。

しょうがないのでサラダにして食べました。Dsc_5318

甘みもりんごよりないのでサラダにはよく合いました。
もう買うことはないでしょう。

2011年10月11日 (火)

缶詰料理 鯨のたまねぎ和え

大好きな缶詰を使っての一品料理です。

まず缶詰を美味しく食べるコツです。
缶詰によって味付けが濃いものがあるので、野菜などとあえて使いましょう。
他には汁物にする方法などもあります。

今回は玉ねぎとあえてみました。

材料。
鯨の缶詰
茹でたまたはチンした玉ねぎ。
香辛料

作り方は
あえるだけですね。まぁ注意する点をあえて言えば温度がなじむようにするくらいでしょうか。

Dsc_4718

簡単ですがもともとが美味しいので。美味しいです。
ただ味付けが濃かったので、鯨の味はよくわからなかったです(笑

2011年10月10日 (月)

ジャガイモのじっくり煮物

じゃがいもをじっくり煮て見ました。
やっぱりしまってうまい。

結論ジャガイモは弱火 弱火で煮ると粉っぽくならずに美味しくできる。



Dsc_5272

2011年10月 9日 (日)

馬肉屋で馬肉を買ってきた。

うちの亡き祖母は馬肉でよくすき焼きを作ってくれた。
どんな味だったか。もうよく覚えていない。
ただ牛と羊とも違う味がしたのは覚えている。
むしゃむしゃと食べていたのも覚えている。

どうもそのイメージが最近気になりかなり久しぶりに馬肉を買ってきた。
Dsc_5290_2

見てください。綺麗な色です。
それにしても結構いいお値段。コレをむしゃむしゃと食べていたのか(笑)Dsc_5293
まずソテーと軽くしゃぶしゃぶして食べてみたがなるほど美味しいのです。
牛と羊の間といった感じか。

あまり香りはないが旨みはたっぷりある。すき焼きにするのがちょっと勿体無いような気がする。醤油につけて食べるのがいいかなぁ。
楽しみである。

2011年10月 8日 (土)

中華料理 鶏肉と栗の炒めもの

中華料理です。
栗がとれてとれて仕方ないので栗消費レシピ。
でもこんな料理あるかわかりません。
あくまでも中華の味付けということで・・・

はっきり言ってレシピはオリジナルなので(と言ってもいつもオリジナルですが・・・)

材料
鶏むね肉

ニンニク
生姜
玉ねぎ
ピーマン

1.まず鶏むね肉を紹興酒と塩と胡椒と片栗粉で味をなじませる。10分ほど

2.鶏むね肉をじっくりかりかりになるような感じで炒める。(揚げてもいい)そして取り出す

3.ニンニク生姜を炒め、香りだし

4.さらに玉ねぎ、ピーマンを入れ炒める。

5.栗と鶏肉を温める感じでいれ、紹興酒、オイスターソースであじをつける。

6.鶏がらスープまたは水を入れ片栗粉でとろみをほんの少しつけたら出来上がり。

7.盛り付け胡椒をふる。その他山椒、五香粉などを振ってもいい。

Dsc_5309

簡単に出来ますがかなり美味しいですよ。栗のほっこり感が良い感じです。
あまり甘めに作らなくても栗、玉ねぎが甘いのでお試しください。

2011年10月 7日 (金)

創作イタリアン 海鮮イカワタスパゲッティ

今回はイカスミじゃなくてイカワタを使ってスパゲッティを作ってみました。

冷凍にしてあったイカワタです。
材料。
イカワタ
好きな海鮮
ニンニク
オリーブオイル
ゆず
香味野菜

1.まずニンニクをテンパリングそして海鮮投入

2.そして白ワインで蒸します。そのごイカワタを投入します。

3.伸ばしながら煮詰めます。汁気はお好みでいいです。煮詰め過ぎたら茹で汁で伸ばしてください。

4.更にニンニク、ゆずを投入し、茹で上がった麺を入れ塩で味を調える。

5.皿に盛り、香味野菜を散らす。今回はバジル。青じそ、海苔なんかかけてもいいです。胡椒を振って出来上がり。


Dsc_5316

おもった以上にゆずがいい仕事をしています。
洋風和風どちらの味付けにしてもいいと思います。
正直ワタを使うのでゲテモノに思われるかもしれませんが、美味しいので海鮮好きな方は試して欲しい。

2011年10月 5日 (水)

創作料理 かぼちゃと鶏肉のみそ煮

寒いので軽い煮込み

材料
鶏肉
かぼちゃ
インゲン
にんにく

1まずかぼちゃ、インゲンをチンして火を通す
2行平なべでにんにく鶏肉をいためかぼちゃを入れる。
3テンメンジャンをいれ酒、水で延ばす。
4じっくりと火を通すだけ。火が通ったらインゲンを振って出来上がり。
5山椒などをかけてもいいです。



Dsc_5241

出来上がりが汁っぽくないのはちょうどお客が来て対応しなくてはならなくなったからだ。

本当すごいタイミングできた(笑)ちょうど火を消して完成というタイミング。。。

しょうがないのでまた火を通しました。

2011年10月 4日 (火)

創作料理 鳥胸肉の名古屋風焼き

名古屋飯おいしいですよね。
今回は名古屋の手羽先から揚げを胸肉でさらに焼きで作ってみました。

材料
鳥胸肉
にんにく摩り下ろし

作り方
1.鳥胸肉に下味をつける。
塩と酒でその後に片栗粉をまぶす。

2.そしてフライパンで焦げ目がつくようにじっくりと焼く

3.みりんとしょうゆ、にんにくでたれを作りそれをさっと全体に絡める。(甘めにお好みの割合で)

4。白ゴマと胡椒と山椒を振って出来上がり。

Dsc_5285

骨がないので食べやすいです。
甘から味なのできっとご飯が進むと思います。

2011年10月 2日 (日)

シンガポールのデザート ドリアン

またまたデザートカテゴリ。
今回はドリアン(笑)

もう、このカテゴリはカオスでいきたい(笑)
今回はレシピじゃなくインプレッションです。

ドリアン日本人で食べたことのある人はどれくらいいるんでしょうか。
私も初です。一応香りが一番きつそうなのを買って来ました(笑)

本場シンガポールでは持ち込み禁止のマークまであります。
ホテルや空港などが確かダメだったような・・・

香りは都市ガスが漏れたような臭い。
腐った玉ねぎ、です。
悪臭とも言えますね。

でわ早速頂きます。

Dsc_5288

おお!美味しい。あれです。カスタードクリームのような風味です。
あとヨーグルト。
実際食べてみるとそこまで香りはきつくなく、でもいつも遠くの方にネギ臭(笑)
さらには南国系フルーツの雰囲気にパイナップルのような酸味も少し。

口当たりはクリーム。

はぁうまい~~~
これは、確かに王様かもしれません。香りのレベルが全然違います。
ワインのような展開でした。コレはいいです。
うちで育てたい(笑)

いい体験でした。値段は張りますが、絶対食べてみる価値アリです。

ちなみに、妹に食べさせてみたら泣いてしまいました。(大げさではなく)
もちろん、無理やりじゃないですよ(笑)
いや~ダメやっぱり普通にこういうリアクションなんですね。

もうひとかたはこのかたも好き嫌いがない方なんですが、まぁ普通に食べて頂きました。

みなさんもチャンスがあればぜひぜひ。

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »