« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

ダイエット意識で最近の朝飯は揚げ物

最近ダイエットを意識して脂物を取るようにしています。
で、よく朝飯に揚げ物を食べてます。

天ぷら、とんかつ、唐揚げなど。

特にフライ物はバランスが良い。
でも百合根のかき揚げが最近のお気に入りです。

意外と揚げ物って大変なイメージがあるかもしれないですが、
油を使いまわすイメージが出来れば簡単です。

ただてんぷらって意外と油とれてないんですよね~

あとはダイエットを意識するとどうしても中華料理が多くなってしまう。
まぁ麻婆豆腐好きなんでいいですけどね。

2011年11月29日 (火)

祝100記事目 やっぱり基本に戻ってインド料理 マトンカレー

いつの間にか100記事行ってました。
記念の記事はやっぱり大好きなカレーです。しかも玉ねぎ、トマト、豆乳と旨み成分をふんだんに使ったスペシャルで美味しいのは当たり前のカレーです。
更に好物なマトン、ピーマン!! コレが美味しくなくて何が美味しい。

材料
玉ねぎ
トマト
ピーマン
マトン
生姜
ニンニク
豆乳

作り方
1・まずテンパリング。今回はクミン、アジョワンを使いました。この時マトンも一緒にテンパリング。温度の見極めが難しいがコレは慣れろとしか言い用がない。

2・みじん切りにした玉ねぎを炒めます。そしてざく切りトマト、ピーマン。

3・粉末スパイス(クミン、フェヌグリーク、コリアンダー、)ニンニク、生姜、はすりおろしたものを入れます。コレは味のため。あまり炒め(痛め)ないように

4・そしてすぐに水と豆乳を入れます。ココのバランスは好き好きですね。今回はスペシャルなので豆乳多め。ここでカルダモン(粉)。強火で煮ます。

5・最後に粉末カスリメティをたっぷりかけて出来上がりです。

6・皿に盛ったらオールスパイスかガラムマサラ。

完璧、自分の好きなスパイスで作りました。

Dsc_5670

うんうん、カレーにマトンが負けてません。更にマトン自体にも味が残っています。
こりゃウメェ(笑)泣けて来るほどに
意外とスパイシーにできてました。 (やんわりした味をイメージしてたんだけどな)
口内調味ができない人は最初の行程でマトンに下味をたっぷりつけてください。

2011年11月27日 (日)

昆虫食のすすめ

今日イナゴの佃煮を食べた。(初めてです)
一応備忘録として・・・

うーん、佃煮だから味付けが濃すぎてイナゴの味がよくわかんなかった(笑)
味的にはつまみにいいなぁ

写真にとっておけばよかった。反省。

2011年11月26日 (土)

初めて食べた カワハギ

かわはぎ。 一度は食べてみたいと思った魚。
売っていたので、さばいて食べてみた。

刺身で食べたかったんですが火を通せだと・・・

しょうがないのでバターソテーにして食べました。

Dsc_5649aaa

身は、タラのようなプリプリ系でした。うまい。味は結構あって、やっぱりほっけとたらの中間のようなあじ。

あとの、骨とかは身は全部圧力鍋にかけて食った。なんつーかこっちも骨ごとうまかった。

2011年11月25日 (金)

北海道の郷土料理 勝手丼風うにいくら丼

丼というには小さいですが、まぁお代わりしまくったしね。
つーか北海道の郷土料理でいいのかな?築地とかでも食べられると思うけど。

Dsc_5648ijij

とにかく豪快に食べること。
コレで多分材料費400円も行ってないと思う。安すぎ。

つーかこんなもんでいいんですよ。北海道のあれ、乗せすぎですよ。コレでもメシタラン!

なんつーか栄養ありすぎて逆に不健康になりそうな感じでした。(汗

2011年11月24日 (木)

ワインに騙されたかった。

ノンアルコールワイン。
今はそんなのがあるんですね。

一度は物は試しにと買ってみました。

早速テイスティング。

結論から言うと、あぁこれはジュースだわ。ぶどうジュース。
ものすごくうまいジュースだった。

こちらの思いとしては、まずくてもいいからワインでいてほしかった。

カベソですが
アロマは、甘さからくるキャンディ系がむわっとくる、そしてドライフルーツ、レーズン、熟した梅やプラムなど。ほこりや熟成感もある。

Dsc_5645

色彩はやや明るい紫ただし光は通さない・・・粘性は糖分からくるねっとり感がすこし・・・

口に含むと甘さからか結構濃厚。笑っちゃうくらい、果実味、と甘さが多すぎです。
アルコール感は無いけど、ほんのちょっとワインぽさもある。
カベソの味はしない。後味は弱すぎ、一気に水っぽさも出てくる。

ジュースと見たら最高にうまいが、ワインと見たらまずい。こんな感じでした。

もう買うことは絶対無いと思います。(ワインとしてはねジュースとしては買ってもいいかも)
何しろ、ジュースでこの香りを出すのはすごいと思う。

おれは、この干した感じのにおいが好きなんだと言うことがわかった。
それだけでもこれを飲んだことをよかったと思う。

なんか恥ずかしいこと書いているな。酔ってるからか?あっノンアルコールでした。お後がよろしいようで。

2011年11月23日 (水)

自宅で握り寿司 (朝から・・・)

朝、起きて猛烈に寿司が食べたくなる時ってありますよね。
そんな時はどっかに食いに行くより自分で作ったほうが早い。
ネタはなんでもいいわ。とにかく。

すし酢、酢4砂糖2塩1の分量でその時の気分によって配合を変える。

握りは小手返し、と言うか本手返しのやり方はよくわからない(笑)

またまた祖母の話になるが、祖母はよく鮪の赤身を買ってきてよく握ってくれた。
その赤身がまたうまくて・・・ね

正直俺は握りよりもネタを重視してるから、握りはそこまでこだわらない。
お寿司屋さんって、目利き6、下ごしらえ3、にぎり1ぐらいの割合ではなかろうか。

Dsc_5655a

これは赤身として売っていたが多少トロが入ってる。そのぶん筋も入っているが。
今の気持ちにぴったりの柵だった。

Dsc_5653a

はまち、プリッとしていなくてネットリ系だった。気持ちとしてはパリッとしてるのが食べたかったんだが、まぁ味は悪くないのでよかったかな。

朝から満足です。

2011年11月22日 (火)

お袋の味 サトイモの煮っ転がし

母親作
祖母の煮物もすごいうまいが、母の煮物もうまい。

この前祖母のカレイの煮つけを煮つけを食ったが、うますぎて笑った(笑)
梅なんぞ入れてうまみを足していました。
そんな、しゃれたことするんだな~と感心してしまった。

ただ、しょうゆが好きでなんでもしょうゆ味なんだよな~母も祖母も。Dsc_5628

2011年11月21日 (月)

秋刀魚が安い そんなときは自分で裁いてお刺身で

最近秋刀魚が安いです。
一尾70円そこら。これは買うしかないでしょう。
自分で捌くのも難しくありません。Dsc_5639
とりあえずこんな風に盛り付けとけばいいんですよ。

アニサキスだけは注意してください。

2011年11月20日 (日)

かつおの豪快のっけ盛り

あえて小さい茶碗に乗せて豪快にしてみました。

材料
かつおの叩き
温泉卵
のり

すりごま

作り方
ご飯の上にすりゴマ、葱、のりを敷く。真ん中のほうをくぼませ温泉卵を載せる
そしてかつおのたたきを豪快に載せる。 こんだけです。簡単で美味しいです。
後は各種ゴマしょうゆでも、しょうが醤油でもおこのみで・・・



Dsc_5641写真もぶれまくりでした。

2011年11月19日 (土)

ステーキ レア

ふたして実験、焼いてみました。Dsc_5607

Dsc_5610うーん失敗。

生焼けです。

早く焼けるけどね。中はむらありすぎ・・・

2011年11月17日 (木)

さばの灰干し

干した魚がうまい。

ぬかに漬けた秋刀魚で糠秋刀魚というのがありますが、
灰につけたさばを干した灰干しというさばもあります。

とにかく魚は単体で食べてもおいしいけど一回付けてから食べるともっとおいしくなる。

くさやも香りはすごいけど食べてみるとおいしいですよ。
お勧めです。
とりあえずどっかでくさや買ってこようというお話。

2011年11月16日 (水)

中華風 紅茶鳥 

某所で紅茶風かもを食べてそれに触発されて。
かもは無いので安価な胸肉を

材料

まず濃い目の紅茶で鶏肉を煮ます。
いや煮ません。じっくり火を通す感じで68度を意識してください。
その後醤油八角みりんの液に着けます。
一晩くらいたったら引き上げ、切ってきれいに盛り付けます。

もちろんつけダレは煮詰めてかけてもかまいません。

コツは紅茶を濃い目に。八角少な目、68度。 これだけ守れば良い仕上がりになります。Dsc_5626

あとは盛り付け勝負

2011年11月15日 (火)

缶詰料理 さば缶を使ってかあさん煮風

あの人気メニューを作る!!

って言っても行ったことございません。
大戸屋のチキン母さん煮です。
名前いい名前ですよね。使わせてもらいました。
多分丼つゆで煮た味だと思うのでそんなイメージで作りました。

材料
さば水煮缶
大根おろし
ネギ

鯖を缶詰から出して大根おろしを上に載せる
そのままレンジに掛けてチンします。この時爆発しないようにラップをかけるなり時間を見てください。

最後にネギを散らして丼つゆをかけてもう少しチンで出来上がりです。

Dsc_5622



なかなかの出来栄えで簡単ですが本当美味しいです。
是非試してください。
あとコレは簡易ですので玉ねぎを入れて煮てももちろん美味しいです。(実証済み)

Dsc_5623_2
というか鯖缶使うと何しても美味しくなっちゃうからどうしようもないんですね。
逆にまずくなる料理考えてみましょうか。

さばのクリームシチューとか・・・うーむ

2011年11月14日 (月)

朝からマグロユッケ

びんちょうまぐろがすごい安かったから買ってきた。
余ったからユッケ風にして食べました。

材料
ネギ
まぐろ
温泉卵

作り方
全部まぐろを軽く叩いてごま油と合わせ醤油をかけて出来上がり

ネギを散らして温泉卵もかけ海苔を散らすともっと見栄え良くなります。
はやりの食べる辣油をかけてもいいです。と言うかかけました。Dsc_5613

朝から贅沢のような贅沢じゃないような。

本当安かったんですよこのまぐろ。
味?味はまぁ・・・ね だからユッケ作ったってことで・・・

2011年11月13日 (日)

ステーキ ミディアム

ほんじゃ いつものように ステーキです


Dsc_5620
焼き加減など・・・
あっという間に作りたかったので多少火は強めですがなかなか良い火の通り具合
じゃっかん焼き過ぎの部分が多いですが中は狙った通り。

Dsc_5621

別の日ですが夜にチキンステーキを焼いたんですがチキンステーキは簡単に完璧に焼けました。
やっぱり牛ステーキは難しいことを再確認した。

2011年11月11日 (金)

創作和食 じゃが芋棒たら

やっとこの記事かけました。
実は写真がすごくよくとれてたんですが、メモリーカードが壊れてしまいデータ復旧に手間取って遅れてしまいました。

File0266

では早速材料です。

じゃが芋
棒鱈

1.まず棒鱈を丸一日水につけて戻します。(棒たらはよく戻してください。)2日でもいいかも。
これは他の乾物にも言えることなんですが、あまり良く戻さないで圧力鍋で長くやればいいかなぁなんて思ってやると斑になってしまい、グズグズのところとまだ固いところとまだらになってしまいます。じっくり戻しましょう。

2.ジャガイモの皮を向き塩水にさらしておきます。(コレが重要別の日に解説します)

3.棒たら洗い、鍋に入れじっくり圧力にかける。この時私はアク抜きなどはしませんでした。特に問題なし。

4.柔らかくなったらジャガイモを入れとろ火で落し蓋をしてゆっくり、ゆっくり、煮ます。
この時醤油と味醂砂糖などで味付け。自分は割合は同等ぐらいで甘めに作りました。

5.出来上がったら、お更に盛り山椒を散らして出来上がりです。

File0258

棒たらがかなりいい味を出しているので美味しいです。強めの味付けにも負けません。
ジャガイモも違和感なく食べられます。まぁ肉じゃがでジャガイモって使いますからと言ったら使いますしね。
コツはとにかくジャガイモを入れたらごく弱火でじっくりじっくりです。

2011年11月10日 (木)

中華料理 簡単激辛エビチリ 

有名な話ですけど、エビチリといえば陳さんですね。
陳建民が四川料理の乾焼蝦仁を日本でアレンジしたのが海老のチリソースです。
ケチャップ使うので甘めに仕上がります。
あれはあれですごく美味しいのですが、今回は辛く。そして簡単に。
ケチャップをつかわずトマトを。

材料
トマト
しょうが
にんにく
ねぎ
海老

作り方
1.した処理をしたエビに塩、紹興酒を振って片栗粉をまぶす。
2.みじん切りにした、トマト、生姜、ニンニク、ネギをフライパンで炒める。さらに豆板醤も入れ炒める。
3.更に海老を入れ火を通したら完成です。コツは海老に火を通し過ぎない。もうこれだけです。(この時煮詰まりすぎていたら水を足してください。) パクチーをふりかける。

最初からそれほど水を入れてないので水溶き片栗粉は入れてません。トマトの水分で仕上げます。
ほぼ豆板醤の味なのですっごく辛くなります。
ずいぶん赤く仕上がりました。

Dsc_5548なかなか辛かった。
普通の人は辛くて食えないかもしれんなぁ。

2011年11月 9日 (水)

中華料理 ニレラバ あなたはどっち派?

タイトル、わざとです。と言うか気づきました?

ニラレバ?レバニラ?どっち派?どっちが正しいって事は無いんでしょうが。
ちなみに私はレバニラ派です。

あと牛レバー派か鳥レバー派か豚レバー派かって言うのも面白いですね。

材料
レバー今回は豚
もやし
にら
にんにく
しょうが

1.レバーは洗い醤油、紹興酒、生姜、ニンニク(ともにすりおろし)につける。
2・フライパンに油を敷きレバーをじっくり炒める。
紹興酒をふりかけにら、もやしも入れてさっと炒めます。さっとがいいです。さっとが。
あまり炒めるともやしのシャキシャキ感ニラの香りが飛んでしまいます。
3.醤油、オイスター、で味付け。水溶き片栗粉でとろみを付ける。

4.もりつけ最後に胡椒、一味唐辛子か七味唐辛子をたっぷりかけるのがポインツDsc_5514

レバーは牛乳で下処理はしてません。
わざわざレバーの味を弱くすることはしません。やっぱりレバーを食べてるんですからレバーの味がしないとね。(レバー嫌いな人って多イから仕方ないっちゃー仕方ないですけど)
基本的に何の料理でも味を抜くってことはしないです。
油抜きはします。けどね。あと霜降りとかもします。
やっぱり素材の味があってこその料理ですから。

2011年11月 7日 (月)

郷土料理 おばんざい サトイモの炊いたん 関東風(笑)

意味が分からないタイトルです(笑)
炊いたんってのは京都の言い回しだと思いますが、(見確認)
炊いたんって言い方可愛いですよね。この言い方好きです。
で本来は、京イモとか八頭、などを白出汁で作るんですが今回は醤油をたっぷり(という程でもないか)使って作りました。煮っころがしといってもいいかな。
関東風ということですね。

そういえばなになにの関西風って検索すると結構出るんですが、
関東風って検索すると出ません。
はて?なんでだろうと考えてみると、わざわざお好み焼きを関西風って言わないですよね。
広島風お好み焼きとは言いますけど。一般的にお好み焼きと言えば大阪のやつです。

つまりすべての料理は関東風で市民権得てるんですね。
うどんくらいか関東風で不味いのって。

材料
里芋
上に散らす青物
ゆず

1.カツオ出汁で里芋を煮る。
2.みりん、醤油も足しくずれないよう煮詰める。
3.別に茹でておいた今回はインゲンをふりかけゆずたっぷり散らして完成です。

コツと言うか注意点里芋は滑るので気うをつけて。
水に晒して変色を防ぐ。崩れないよう弱火で炊く

甘辛く下品に仕上げるのが関東風

Dsc_5500

さて、今回の記事で何人敵を作ってしまったんでしょうか(笑)
すべて偏見ですから・・・ね。ごめんちょ

2011年11月 6日 (日)

ズワイガニご飯 弁当風。 (カニ缶を使って)

じゃん!

Dsc_5508

カニ缶です。
もちろん(笑)貰い物。
今回はコレを使って贅沢にカニご飯です。要は駅弁とかにあるあれ。

最初は醤油を混ぜ込んだりかけたりして、酢もたくさんかけてダイナミックに味付けしようかと思いましたが、少し味見してみたら、塩分もあったので予定を変更して酢醤油をやめて錦糸卵つくって海苔かけて食べました。(わさびも余計かな)
一応レシピと言うかカニ缶の余ったを卵に入れて錦糸卵作ると無駄が出なくていいです。
あと卵は甘めにしました。アクセントとして。

Dsc_5509

これだけで美味しい。蟹の味は少し希薄かもしれませんがまぁ許容範囲内。
ほぐし身なので歯ごたえがないのは残念ですが、味は悪くないし豪勢な朝飯でした。
そう。朝からこんなん食べてるんですよ。
まぁいつも朝はステーキ食ってるから、むしろ迫力という点ではたいしたことないですけどね。

実はもう一個あるんです。もちろんおんなじモノをつくろうかと。

2011年11月 5日 (土)

朝から、ステーキ 通称モーニングステーキ

朝からステーキ、よくやります。

モーニングステーキってやつです。やつですって書いておいてその後興味本位でぐぐってみたら、本当にあった(笑)
絶対流行らないだろうなぁ。まず朝飯を食べるということが日本人は大変だしな。。。

これは失敗じゃなくて、こういう風にブルーで食べたかったので。
本当失敗じゃないですよ。強がりじゃないってば。

Dsc_5493

Dsc_5494

たまーに生肉食べたくなるときってあるんですよ。
後ろに見えるは塩麹。

2011年11月 4日 (金)

日本料理 あまり汁で煮物

煮物美味しいですよねぇ。
ところでタイトル、あまりものでじゃ無くてあまり汁でって言うところが味噌です。
野菜はあまりものじゃありません。ちゃんと作りました。

魚を煮た汁があまりに美味しかったのでその煮汁を使って煮物と言うことです。
基本野菜はぶち込んだだけなので色とか悪いですが美味しかったです。
丁寧に作るなら別に下茹で下処理はしたほうがいいと思います。
でも煮物って美味しいから頻繁に作りたくなってしまうからあまり手をかけたくないと言うジレンマ。 難しいところですね。

Dsc_5478


肝心の魚の煮物写真取り忘れちゃったよ。
写真撮り忘れるってのはしょっちゅうあるんですけどね。

2011年11月 3日 (木)

創作イタリアン ちょっと一品トマトのオーブン焼き

こんな料理イタリアにあるんですかねぇ
とりあえず、バジルとニンニクとトマトつかっとけばイタリアンということで(笑)

材料
ニンニク
トマト
バジル

作り方
1.オリーブオイルを更に薄く塗ってトマトニンニクパン粉を盛ってオーブンにぶち込むだけ。
2.仕上げにチーズバジルアンチョビなどをかけて完成です。

Dsc_5498

ちょっとした一品に良いですよ。
おかずにはならないかな~

2011年11月 2日 (水)

ホニホ 青森の正直 真鯖の缶詰

一番好きな缶詰はって聞かれると、圧倒的にさば缶と答えます。
それほどさば缶が好き。
ホニホの缶詰です。大きいです。
ホニホは安い系の缶詰なんであまり期待していなかったんですが、脂が乗っていてこれは美味しかった。

Dsc_5488

Dsc_5491

マジでえ~さば缶?と思っている人は一度買ってみてください。
本当美味しいですから。

2011年11月 1日 (火)

創作中華 鶏肉とサツマイモの炒め

ようはあれです。この前作った鶏肉と栗の炒めの派生バージョン。
これは、さつまいも、玉ねぎ、パプリカの甘みがよく出ているので砂糖控えめ。

早速材料。
鶏胸
さつまいも
玉ねぎ
ピーマン(今回はパプリカを使いました)


1.まず紹興酒、醤油胡椒で鶏肉に下味。あと片栗粉 さつまいもは水にさらす。
2.鶏肉とさつまいもをフライパンで蓋をしてじっくり火を通す。鶏肉は火が通ったら取り出してもいいです。
3.そのまま玉ねぎを入れる。
4.醤油、オイスター、紹興酒、ピーマン(鶏肉を出してたら鶏肉も)を入れて、さっと仕上げます。この時状態を見てとろっとしてなかったら水溶き片栗粉入れてください。
出来上がりです。

上に振ってあるのはパクチーです。

簡単ですけど普通に美味しいですよ。(ウーシャンフェンいれても美味しいです。)Dsc_5471

難点は中華っぽく見えないところか・・・

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »