« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月30日 (金)

コストコ

初めて?外食の記事です。
しかもコストコ(笑)

アメリカを体験してみたかった。

14470ペパロニピザ チーズ感乏しかったかな。もうちょっとボリューム欲しかった。

14101_2プルコギベイク 甘い味付け 肉感はあってこれは良い感じでした。 高いだけある。

14654写真とれてないけどホットドック。とつけあわせ。

ホットドックは塩分が濃かった・・・あとウインナーが独特。

ザワークラウトとピクルスはうまいな。 ピクルス刻む機械が面白くて回しまくったら大変な量になった。すべて食べましたとも。

2011年12月29日 (木)

天ぷら 百合根のかき揚げ

そういえば百合根って北海道産しか見たことない。
他の県でも生産してるんでしょうか。

で調べてみたらほとんど北海道といって良いみたい。あとは東北の一部みたい。

一個70円でした。安すぎ(笑)
これは買うしかないでしょう。ということで

Dsc_7330

ボケつよすぎた・・・
普通に天ぷらにするよりかき揚げにしたほうが油分が取れそうな気がするのでかき揚げです。ほくほくしてうまい。臭くないニンニクといった感じ。朝食べるにはいいですね。揚げ物のコツがだいぶわかってきた気がします。

とりあえず大抵の天ぷら屋はうまいと思う。修行すれば誰でもうまくあげられる。
逆に言えば普段からあげてないとうまくできないかもしれませんね。

2011年12月26日 (月)

本格中華 青椒肉絲

かなり本格的に作りました。
というか、中華本格的に作る=油をたくさん使うだから難しいと言うよりも別の理由で躊躇する人が大半だと思う(笑)

Sdfds

材料
牛肉
たけのこ
ピーマン

作り方
牛肉は細切り、ピーマンは縦に細切り、たけのこも細切り
牛肉、ピーマン、たけのこ、すべて油通ししてその後中華鍋でオイスター、紹興酒、しょうが汁、塩、醤油、胡椒で味付け。
最後に水溶き片栗粉を少量ふりかけてとろっとさせる。

文章で表すとこんな感じだが実際作ると手早くやらないといけないので難しいかもしれません。
味はかなり美味しいですよ。後色も良い。

2011年12月25日 (日)

惣菜 なすの煮浸し

はぁこれはうまかった。しょうがを効かせ、醤油強めですが、茄子の味も全然負けてない。

これはご飯が進んで危ない(笑)

Dsc_6985

うまし

材料 

茄子
生姜

作り方
茄子を10分ほど塩水につける。
醤油と強めに砂糖と出汁をなくなるまで煮る。
しょうがはすりおろしたのを入れたり、かけたり好きにすると良い。

2011年12月23日 (金)

珍味 キャビア

こんな時期なので普通は料理紹介ですが、あえて珍味で。
ちなみにビーフシチューを作りました。例年は丸鶏のローストなんですが今年は人数の関係でビーフシチューになり・・・
まぁビーフシチューの紹介でもいいんですがキャビアのこと書きたかったので。

Dsc_7246

どうどうキャビアなんて書いてありますが、
実はラップフィッシュです。(笑)おい
で、コレを食べるちょっと前すごい数の子が食べたかったんですが、これ、数の子の味に極めて近い。

なるほどー初めてランプフィッシュの卵食べましたが、こんな味だったんですね。
数の子が食べたいという欲求は満たされましたが、キャビアという観点からは、なんだかな~って不満が残りました。 ずっとコレを言いたくてキャビアの記事を書きました。

なんだかまとまりのない文章になってしまってすみませんでした。
いつかは本物のキャビア・・・ 食べたい・・・

2011年12月21日 (水)

ジャンクフード ラム・マトンの背脂から揚げライス

さすがにこんなの作ったことある人はいないと思う。
私がパイオニアでしょう~。

黒沢に出てきたなんこつ揚げライスをイメージして作りました。
あれを見てるとアジフライがすっごく食べたくなる(笑)

Dsc_6988

この雑さが良い。ただ乗っけただけ。それだけじゃなんなので後からスパイス振り掛けましたけども。


今度は東海林さだおさんのレシピで何か作ってみよう。

2011年12月18日 (日)

缶詰 馬肉の缶詰 ランドエース 肉大和煮

ランドエースってどのような意味なんだろう。
競走馬的な意味なのか?

馬肉です。馬肉は思いれが深いのでコレは買うしかないということで買って見ました。

Dsc_6983

肉の味は良い。結構味付けは濃いですが、しっかりと馬肉の味がします。
むしろ自分で作ったよりもするかも・・・
やっぱり鉄っぽい味です。ただ少し甘すぎる。

味付けはどうでもいいとして鉄っぽい味はやっぱり一般受しないかな。
ネギいっぱいふって味を薄めて更に醤油をかけるといい感じになりました。

2011年12月17日 (土)

創作丼 かしわバター丼

創作丼ではないか?
名前だけ聞いた時あってなんだっけ~って食べてから検索してみたら、
某デカ盛り食堂でのメニューでした。
某デカ盛り食堂っていっても検索すれば、香川県の竹内食堂って出てきますけどね。

で、とりあえず名前だけ覚えてたのでとりあえず適当に作ったので全然別物でした。
俺が作ったのはニンニク使ってないし。

Dsc_6977

この写真のアングルはひどいですね。全然中が見えないです。
味は悪くなかったんですよ。本当に。

材料
バター
鶏むね肉(本場は皮っぽいです)
ネギ
胡麻
海苔
温泉卵

作り方
鶏むね肉を砂糖と醤油同量ぐらいの液で煮っからめる。
照りが出てきたら、バターを落として、火を止める。

丼にご飯を入れネギをしき、鶏肉を放り込んで海苔、胡麻をふりかけ温泉卵を載せて完成です。

まぁ丼なので手順は簡単ですね。盛るだけですし。盛り方は自由にやってください。
ちなみに自分は薄味に作りました。煮っからめる時にそれほど煮すぎず、後からタレをかけるよう先に肉を取り出し、煮汁だけ煮詰めてかける方法もあります。

胡椒は普通の胡椒がいいです。なんか変わり親子丼って言ってもいいかも。

2011年12月16日 (金)

インド料理か? 日本の漬物をスパイスでいただくとうまい。

タイトルのまんまなんですが、日本の漬物(白菜の漬物に)コリアンダーをかけるとすごくうまい事に気づきました。

Dsc_6971

もちろんインドにも漬物があるのは知っていますが、
日本の漬物にスパイスを振りかけるってのが味噌。
ちなみにクミンでもやって見ましたが、コリアンダーのほうが個人的には好きでした。

そういえば他にもスパイスいっぱいあるので試してみます。
ヒング辺りが面白そう。さわやか系の方が合いそうな感じがするけども。

これはマジでいっぺんやってみるべきですよ。

2011年12月15日 (木)

創作料理 鶏キャベツ塩レモン炒め

創作といって良いのかどうか。
まぁよくある鉄板的な炒め物。

とにかく安い(笑)それだけで重宝する。
さらに材料は適当にいろいろ足してもいい。そして簡単。フライパンひとつ

材料
キャベツ
鶏胸肉
レモン

鶏胸肉をスライス風に削ぎ切りする。
キャベツをちぎってざっと洗っておく。
フライパンに油を引き鶏胸を焼く。
焼いたら取り出し、キャベツを強火でざっと炒める。
そして酒、塩、を足し鶏胸を戻す。全体的に温まってきたら、醤油を鍋ハダにちょっとたらし風味を付ける。
その後水溶き片栗粉でとろみを付け。最後にレモンをダーっと絞りかけて出来上がり。
さらに持ってから黒胡椒をたっぷりかけましょう。

Dsc_6974

ちなみにこの時は半端な玉ねぎ、ハムが残っていたのでそれも足しました。
簡単でレモンが良い風味です。ボリュームもあるしね。栄養バランスも悪くない。
塩昆布使って炒め物作ってもおいしそうだな。
今度作ってみよ。

2011年12月14日 (水)

甲府のB級グルメ 鳥もつ煮

これは調べた結果B級グルメように最近作られたものじゃなく、れっきとしたというか今から60年も前の郷土料理であるらしい。

最近は作られたB級グルメも多いので・・・
まぁ美味しければ時期なんてどうでもいいんですけどね。

結構野暮ったい味と言うか味付けが濃いので、薄味で作りました。

すき焼きのタレや、砂糖、醤油を同量で煮こむだけなんで簡単です。

材料、作り方は
鳥の内臓系特にキンカンがあれば見栄えがいいです。
キンカンは最後に煮込むほうが綺麗に出来ますね。
あとはレバー、ハツ、砂肝など
あったまっていいですね。

Dsc_6276

ネギを散らしましたが、まぁししとうのほうが無難かも・・・
味付けは薄めなのでこれだけでパクパクいけちゃいました。

2011年12月13日 (火)

缶詰 キャンベルスープ クリームマッシュルーム

久々の缶詰紹介

と言っても素材缶系
コレ美味しかったです。なかなか売ってないレア系クリームマッシュルーム

結構探しました。まぁ輸入食材屋に行けば売ってます。
味は結構マッシュルームの味がするのでマッシュルームが嫌いな人は明らかに無理ですね。鉄っぽい味です(笑)

牛乳で好きに伸ばせるので重宝します。

ちなみにこの時はスパゲッティソースにして食べました。

Dsc_6903もう味はわかったので今度は自作してみよう。

とは言えやっぱり缶詰って時間がないときに便利なんですよね~

2011年12月12日 (月)

惣菜 湯葉とゼンマイの煮物

おふくろ系惣菜です。
よく作ってもらいました。

多少アレンジして(というか湯葉があったのでそれを入れた)います。(って他の人にはわかりませんね(笑))

Dsc_6740

材料
ゼンマイ
こんにゃく
湯葉
豚肉
大豆

材料はこんな感じですが、基本的には2~3品入れれば何でもいいです。

まず、ゼンマイとこんにゃくを湯がく
その後、ゴマアブラでゼンマイ豚肉を軽く炒める。
その後こんにゃくを加える。そしてかぶらない程度の出汁、今回はみずと煮干しで出汁をチョイスしましたが何でもいいです。
そして酒、砂糖、醤油で味付けしよく煮込む。

その後汁がなくなるまで煮込み半分以下になったら、大豆と湯葉を混ぜて煮汁の汁気がなくなるまで煮飛ばす。

そうして完成です。

惣菜は大量に作っておいてちょびちょび食べましょう。

って辰巳芳子さんが言ってました(笑)

2011年12月11日 (日)

創作料理 鶏むね肉のおろしゆず春菊なめたけ

多分二度と作らない料理。
おもいっきり有り合わせです。

まぁこんな感じの料理は煮たような雰囲気のたくさんありますからその時その時で考えて作るのがいいですね。

材料
鶏胸
大根おろし
ゆず
春菊
なめたけ(今回は自作しました。なめたけに醤油と味醂同量で煮ただけ。)

作り方。
鶏胸に酒を振ってチンして割いておく。
その間に春菊を茹でて、大根を下ろしてゆずを用意して。
後は盛るだけ。まぁ時間さえあれば誰でもできる簡単料理です。

鶏胸の量でボリューム決めてください。

Dsc_6747

こんな風にモルト良い感じ。
わさびを付けて食べてもい。

2011年12月10日 (土)

日本料理 牛すね肉と大根の煮物

これは本当に簡単で美味い。
普通(と言っていいのか?)牛すねが手に入るとなんとなく洋風?というイメージがありますが、たまには和で作ってみるのもいいですよ。
単なる醤油煮ですが本当味が出ていてほっこりします。

Dsc_6215

材料
牛すね
大根
これだけ

作り方
まず大根を下茹でして灰汁を抜く。
肉は焼かずにそのまま煮ていい。
そしてだし汁の中に大根と肉を入れてコトコト煮るだけ。
醤油、酒、甘みが欲しければ砂糖や黒糖です。
すねなのでそこまで煮る時間を気にする必要無いです。
この時期ストーブにでも乗っけとけばそのうち出来る(笑)
煮詰めてもいいし汁っぽくても良い。もう自分の好みで。
最後に大根の葉を飾って出来上がり。
簡単だけど美味しいですよ。

欲を言えばもうちょっと肉が硬いほうが良かった。

2011年12月 8日 (木)

ためしてガッテン流 天ぷら

あぁ、衣作ってる時にこりゃまあこうなるだろなと思っていたが、そのまんま。

Dsc_6217

ねぎ

Dsc_6218

牡蠣

Dsc_6219

エリンギ

まず、衣が厚すぎ。(まぁそーゆーのだからしょうがないけど)
フリッターみたいだ。
サクサクと言うよりふわっと感が大きい。

確かにジューシーで素材の味が生きている。でも・・・というか何にでも言えることなんですが、好き好きというかネタによって衣を変えたほうがいいです。
みずみずしさを生かすというコンセプトまたはネタならコレは合っている。

たまたまなのか無意識なのか葉っぱ系やばらつく系のネタは今回やらなかったのでマッチしていましたが、舞茸や春菊なんかは薄衣で超さっくさくにした方が好みです。

エリンギ、ネギ、牡蠣共にジューシーさが残っていてネタ選びとしては最高でした。
特にエリンギはかなりジューシーで小籠包の如くエキスが溢れでてきました。

逆に葉っぱ類、芋などの根菜類はこの衣じゃなくてもいいかなぁーと。
あくまで上げ方の一例って感じで別にわざわざコレでやることも無いですね。
俺は薄衣の方が好きなので。

入れ方とかは基本的にガッテンとおんなじなんで、基本を抑えつつ自分で好きな衣でやるのがいいですね。
まぁ昨日の内容も、衣より油への投入の仕方が一番の問題点ですから、そうっちゃそうなんですけどね。

なんかまだまだ色々書きたいことがいっぱいあったけど一日立って全て忘れた(笑)

2011年12月 7日 (水)

ためしてガッテン 天ぷら

後ちょっとでガッテン天ぷら。
ただ最近ちょっと朝天ぷらあきてきたんですよね(笑)

見ました。

ううーん、コレジャナイ感。
だいたい家の天ぷら卵入れないし・・・

かき揚げのやり方やんなかったし、
舞茸とか春菊も包むのか?

まるで役に立たなかったな。
ただ俺のはうすごろもだから包むってのは面白いな。ちょっと試してみよう。
フリッターみたいな感じか。ネギの天ぷらがいいな

簡単料理 骨付きラムの素揚げ

肉は素揚げにしても美味しいですね。(ほとんど油取れませんけど。)

半額の骨付きラムです。もう店にあったの全部買っても良かったんですが自重しました。
結構半額になりますしね。

焼くよりいいかもしれません。

Dsc_6216

味は良かったしふっくらジューシーになった、けどかなり柔らかかった。
もっと歯ごたえがある方がいいなぁ。
でも素揚げの可能性はまだまだあるな。さっきも書いたが絶対焼くよりいいと思う。

まぁ、主は舞茸の天ぷらでそれだけじゃ何なのでラムも放り込んだという話なんですけどね。
つーかラムも天ぷらにすればよかった。コレは新しいと思うけどどうなんだろう。

そういえばこの記事がアップされる日、と言うか水曜はためがて(ためしてガッテン)で天ぷらをやるらしい。ちょっと楽しみ。まぁ俺はテレビ持ってないので、ネットで見ることになりますが。

2011年12月 6日 (火)

朝天 (朝から天ぷら)

最近こればっかしですね。
今日は春菊の天ぷらです。これ好きなんですよね~
苦味がいい感じでした。

Dsc_6211

こんな形ですが、かなりさくさくジュワ~でした。噛んだら10wもといジュワッと(笑)

それだけではなんなので
豆知識というか、気がついた事。まぁ話には聞いていたし、軽く感じていましたがはっきり分かりました。
油料理というか油は、かなり塩をマスキングするので塩分の取りすぎに注意したほうがよい。

逆に言えば塩分を控えたかったら、なるべく塩だけで調理することですね。

2011年12月 5日 (月)

イタリア料理 本格ペペロンチーノ

コレは結構まとも系です。
と言うかしっかりオリーブ油を使っています。
乳化が大事なんて言いますが俺に言わせると乳化よりも油をしっかり使う事のほうがよっぽど大事です。
最低でも30gは使ってください。

ちなみに、今回は菜種油とオリーブのハイブリットです。
菜種はアンチョビ漬のを使いました。

材料
ニンニク
パセリ
バジル
スパゲッティ
鷹の爪

作り方。
まず菜種油でテンパリング。今回はニンニクスライスとみじん両方用意して、
スライスと鷹の爪を先に入れました。(いう必要ないと思いますが油はと材料は冷えた状態からで)

そしてパセリ、バジル、ニンニクをばっと入れて上げる感じで仕上げる。
温度が上がりすぎたら茹で汁を入れて少し下げる。
そしてスパゲッティとオリーブ油を投入してよーく絡めて完成です。
最後にアンチョビをつけあわせて完成です。更にパセリバジルオリーブ油を振っても良い。

Dsc_6200

アンチョビは刻んで具にしてもいいです。今回はカレーの福神漬的な役目で使用。
油が絡み付いてなければいけません。まぁなれればすぐに出来ます。
まぁイタリアでもレストランではでない家庭料理ですから、適当でいいんですけどね。

2011年12月 2日 (金)

コーンと玉ねぎと海老のかき揚げ

朝からかき揚げです。
正直楽なので最近毎朝天ぷら・・・

子供の理想を追求したかのようなかき揚げ(笑)
宅配ピザの具みたいな感じですね。

塩、胡椒で頂きます。

Dsc_6197


写真も最近毎朝揚げ物なので、だんだん慣れてきた(笑)

2011年12月 1日 (木)

揚げ物って嫌い

前回の記事と違うじゃねーかと思う方、甘いですよ。

写真を撮るのが嫌いなのです。
カメラは油っぽくなるし、基本料理はできたてを食べるをもっとうとしているので、撮影にあまり時間をかけたくないのです。

実はカメラと料理は好きですがさぁ食べるぞって時に写真を撮るのは一番嫌い(笑)
でも後でなに食ったかな、作ったかなと見るのが好きなので写真は撮りたい(笑)

料理だけ写真とってくれる人がいればいいんだが(笑)

ちなみにこの日の揚げ物はまいたけのてんぷらと鳥のフライ
これでもがんばって撮りました。

Dsc_6189

Dsc_6190

さっととって揚げてまた揚げてを繰り返しました。
熱々ジューシー素材の味で美味しかったです。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »