« 創作惣菜 さつま揚げと切り昆布の惣菜 | トップページ | 創作中華 鳥ひき肉の肉味噌坦々炒め »

2012年1月19日 (木)

ちくわの天ぷら 磯辺揚げ

Dsc_7420

これなんでのり弁に入ってるの?そもそものり弁てなんでどこも同じラインナップなんでしょうか? なんで高級天ぷら屋さんでは出てこないの?そもそもちくわを揚げるのが謎だし、青のりも謎。 

謎だらけのちくわの磯辺揚げ。色々調べて見ました。

まずのり弁について調べてみるとなんと海苔弁当が確立した時期は定かではない。とある。

構成要素に関して言えば、安土桃山時代に現代と同じ形状の弁当箱が登場し、江戸時代中期に板海苔が作られるようになった。

え~~~そんなに古いの。弁当屋さんとか関係ないのか。とよく調べてみると今の携帯になったのはほっかほっか亭で 1960年代に、温かい出来たての持ち帰り弁当を販売する業者として草分け的存在である「ほっかほっか亭」が、その創業時に、白身魚フライとちくわの天ぷらを乗せた海苔弁当をメニューに加えたことで、商品名としても広く知られるようになった。米を除く食材がすべて日本では身近な海産物であり、販売物としても庶民的な存在、すなわち安価な弁当として定着した。 とある。

やっぱりほっかほっか亭でしたほっかほっか亭は偉大である。
まぁ安うまで簡単ということが重要でこれらがピックアップされたんでしょうな。

ただたった一つの真実がある。それは美味しいということ。

« 創作惣菜 さつま揚げと切り昆布の惣菜 | トップページ | 創作中華 鳥ひき肉の肉味噌坦々炒め »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1550430/43733724

この記事へのトラックバック一覧です: ちくわの天ぷら 磯辺揚げ:

« 創作惣菜 さつま揚げと切り昆布の惣菜 | トップページ | 創作中華 鳥ひき肉の肉味噌坦々炒め »