東欧

2011年8月26日 (金)

東欧料理 そば米のカーシャ

カーシャです。
そばの実のです。

カーシャと言ってもそばだけでなく、いろいろな素材で作られています。
一般的なのはそばですが。カーシャの意味はおかゆという意味なのでそりゃいろいろな素材で作られますよね。
ウクライナモルドバブルガリアベラルーシポーランドリトアニアラトビアロシアなどで食べられるそうです。知りませんでした。

いろいろな作り方がありますが、とりあえず今回はシンプルに水で煮るだけにして、バターと塩で風味を楽しむような調理にしてみました。

レシピ
蕎麦の実を水で煮るだけ。水はひたひたぐらいにして炊きあがりに水がちょうどなくなるように、水を足しつつ煮ると良さ気です。
とりあえず硬さを見ながら20分位にてみました。
どうやら20分ぐらいでぼりっとした食感はなくなるようです。
あと煮てる時に結構渋いアクが出るので、アクが嫌いな方は取り除いてください。

で、塩で調整し、更に持ったらバターを落としてください。それで完成です。

Dsc_4950

 

早速食べてみました。バターがいい仕事しています。
噛みしめると奥から、そばのあの穀物の香りが口の中で出てきます。
具体的な味を申し上げるならば、グリンピースやえんどう豆のよーな味ですね。
もしかしたらそばよりも風味を味わえるかもしれません。

牛乳で煮ても絶対美味しいですね。そばつゆでもいいし、何でも良さそうです。
そばの使い勝手の良さがよくわかりますね。簡単ですし。

あと豆知識です。というか私が感じたことなんですが、そばは勢い良く吸って香りを楽しむなんて言われてますが、よく噛んだほうが味がわかると思います。今度美味しいそばを食べる機会がありましたら試してください。お勧めです。

簡単で美味しい、そして早く作れるので是非おすすめ。
まぁそばの実が簡単に手に入らないのが実情ですが・・・

というか、そば粉でそばがき作ったほうが簡単で腹が膨れるって話は思いつかなかったことにしてください。

2011年8月22日 (月)

ウクライナ料理 あまり野菜で作るボルシチ

カブが安く売っていたし寒いのでボルシチでも作ってみっかーということで。

そういえばなぜか子供の頃母が、ピロシキ、ロールキャベツ、つぼ焼き、ビーフストロガノフをよく作ってくれました。あのロシア押しは一体何だったんだろう。浅草にロシア料理ってそれなりにあるからなのか?いずれにせよなんかごちそう感があって楽しみにしていたのを覚えています。でも今回は基本的には余り野菜や常備野菜で作ります。

今回の作った材料は
にんにく
玉ねぎ
人参
カブ

キャベツ
トマト
ローリエ
じゃがいも
牛肉
パセリ
八角
レモン汁
カッテージチーズです。

まぁ材料だけ聞くとウクライナの人に殺されそうですね。
とりあえずwikiです。これによるとスープの色が赤ければまぁ何でも入れてよさそうですね。赤カブとディルとスメタナを使えば。(今回全部使ってないんですけどね。)

赤かぶはカブで代用、大根でもいいと思う。ディルはパセリ、八角、レモン汁で代用。あとミントを入れてもいいと思う。スメタナはカッテージチーズかヨーグルトで代用ですね。

色付けにパプリカを少々加えてもいいかもしれないです。

ちなみにボルシチはロゴスキーのを一回だけ食べたことがあるが牛の出汁がえらく効いていた。
今回は牛肉の切り落としを入れます(普通はブロックだと思うけど)、出汁が足りなければ牛ダシダを入れてください。後トマトに頼るのも嫌なので少し減らしました。

まず、にんにくみじん切りをテンパリングしてその後材料の上からカブまで順々に炒める。
そのごキャベツトマトロリエ牛肉とかぶるぐらい水を加える。

そしてアクが出てきたらアクを取ってください。

そして、塩をと薄ければ出汁を足してこの状態で食えるかちょっと薄いぐらいに調整。
じゃがいもは種類によりますが、今回はキタアカリなので、出来上がる寸前に加えました。
(じゃがいもは切り方と種類によって澱粉量が違うので煮込み時間を調整してください)

じゃがいもについての語りはまた今度。じゃがいもも奥が深い。

じゃがいもがザラッとしたら、塩味を見て完成。
更に盛り付けパセリ、レモン汁、チーズをかけて完成。

Dsc_4909

全然赤くないです(笑)パプリカかけましたが・・・

味は普通に美味しいですね。レモンとチーズの酸味がトマトの代わりをしてくれて良い感じになりました。レモンはビーツの色を良くするためのものらしいですけど・・・

バターや生クリームを足してもコク側にやっても良いかと思います。ハーブとスパイスを結構微妙な調整で入れたので、うまいです。キャベツとカブの味もほっこりいいかんじですね。ちなみに八角を入れたのは誰にも発覚されませんでした。微妙な甘さ加減が結構難しい。もうすこしジャガイモどろっとさせてもよかったかな。これでもうまいですが・・・

そういえばじゃがいもが大量に余ってるんですよね。じゃがいもで世界の料理を作るってのはいいかもしれません。よし、それでいこう。