中華

2012年1月 6日 (金)

中華風 あんかけ野菜炒め

この料理はあまった材料処理に良い一品。

そして簡単で美味しい。
別名宝じゃない八宝菜(笑) チャップスイともいうのかな?

材料
くず野菜
クズ肉
生姜

作り方。
肉は塩、胡椒、生姜の絞り汁で下味をつけて漬け込む。
次にフライパンを熱して肉をジャっと炒める。そして取り出し、次は野菜を火の通りにくい順番に炒める。その後肉を戻しスープ(今回は鶏がら)を入れて沸騰させる。

ぶくぶく言ったら、水溶き片栗粉を入れてとろみを付けて完成です。
炒めるのはゆっくりやってもいいです。どうせ後で煮込んじゃうし。

19291最後胡椒かけてね。 あっやっぱりお好みで。

2011年12月26日 (月)

本格中華 青椒肉絲

かなり本格的に作りました。
というか、中華本格的に作る=油をたくさん使うだから難しいと言うよりも別の理由で躊躇する人が大半だと思う(笑)

Sdfds

材料
牛肉
たけのこ
ピーマン

作り方
牛肉は細切り、ピーマンは縦に細切り、たけのこも細切り
牛肉、ピーマン、たけのこ、すべて油通ししてその後中華鍋でオイスター、紹興酒、しょうが汁、塩、醤油、胡椒で味付け。
最後に水溶き片栗粉を少量ふりかけてとろっとさせる。

文章で表すとこんな感じだが実際作ると手早くやらないといけないので難しいかもしれません。
味はかなり美味しいですよ。後色も良い。

2011年11月16日 (水)

中華風 紅茶鳥 

某所で紅茶風かもを食べてそれに触発されて。
かもは無いので安価な胸肉を

材料

まず濃い目の紅茶で鶏肉を煮ます。
いや煮ません。じっくり火を通す感じで68度を意識してください。
その後醤油八角みりんの液に着けます。
一晩くらいたったら引き上げ、切ってきれいに盛り付けます。

もちろんつけダレは煮詰めてかけてもかまいません。

コツは紅茶を濃い目に。八角少な目、68度。 これだけ守れば良い仕上がりになります。Dsc_5626

あとは盛り付け勝負

2011年11月10日 (木)

中華料理 簡単激辛エビチリ 

有名な話ですけど、エビチリといえば陳さんですね。
陳建民が四川料理の乾焼蝦仁を日本でアレンジしたのが海老のチリソースです。
ケチャップ使うので甘めに仕上がります。
あれはあれですごく美味しいのですが、今回は辛く。そして簡単に。
ケチャップをつかわずトマトを。

材料
トマト
しょうが
にんにく
ねぎ
海老

作り方
1.した処理をしたエビに塩、紹興酒を振って片栗粉をまぶす。
2.みじん切りにした、トマト、生姜、ニンニク、ネギをフライパンで炒める。さらに豆板醤も入れ炒める。
3.更に海老を入れ火を通したら完成です。コツは海老に火を通し過ぎない。もうこれだけです。(この時煮詰まりすぎていたら水を足してください。) パクチーをふりかける。

最初からそれほど水を入れてないので水溶き片栗粉は入れてません。トマトの水分で仕上げます。
ほぼ豆板醤の味なのですっごく辛くなります。
ずいぶん赤く仕上がりました。

Dsc_5548なかなか辛かった。
普通の人は辛くて食えないかもしれんなぁ。

2011年11月 9日 (水)

中華料理 ニレラバ あなたはどっち派?

タイトル、わざとです。と言うか気づきました?

ニラレバ?レバニラ?どっち派?どっちが正しいって事は無いんでしょうが。
ちなみに私はレバニラ派です。

あと牛レバー派か鳥レバー派か豚レバー派かって言うのも面白いですね。

材料
レバー今回は豚
もやし
にら
にんにく
しょうが

1.レバーは洗い醤油、紹興酒、生姜、ニンニク(ともにすりおろし)につける。
2・フライパンに油を敷きレバーをじっくり炒める。
紹興酒をふりかけにら、もやしも入れてさっと炒めます。さっとがいいです。さっとが。
あまり炒めるともやしのシャキシャキ感ニラの香りが飛んでしまいます。
3.醤油、オイスター、で味付け。水溶き片栗粉でとろみを付ける。

4.もりつけ最後に胡椒、一味唐辛子か七味唐辛子をたっぷりかけるのがポインツDsc_5514

レバーは牛乳で下処理はしてません。
わざわざレバーの味を弱くすることはしません。やっぱりレバーを食べてるんですからレバーの味がしないとね。(レバー嫌いな人って多イから仕方ないっちゃー仕方ないですけど)
基本的に何の料理でも味を抜くってことはしないです。
油抜きはします。けどね。あと霜降りとかもします。
やっぱり素材の味があってこその料理ですから。

2011年10月 8日 (土)

中華料理 鶏肉と栗の炒めもの

中華料理です。
栗がとれてとれて仕方ないので栗消費レシピ。
でもこんな料理あるかわかりません。
あくまでも中華の味付けということで・・・

はっきり言ってレシピはオリジナルなので(と言ってもいつもオリジナルですが・・・)

材料
鶏むね肉

ニンニク
生姜
玉ねぎ
ピーマン

1.まず鶏むね肉を紹興酒と塩と胡椒と片栗粉で味をなじませる。10分ほど

2.鶏むね肉をじっくりかりかりになるような感じで炒める。(揚げてもいい)そして取り出す

3.ニンニク生姜を炒め、香りだし

4.さらに玉ねぎ、ピーマンを入れ炒める。

5.栗と鶏肉を温める感じでいれ、紹興酒、オイスターソースであじをつける。

6.鶏がらスープまたは水を入れ片栗粉でとろみをほんの少しつけたら出来上がり。

7.盛り付け胡椒をふる。その他山椒、五香粉などを振ってもいい。

Dsc_5309

簡単に出来ますがかなり美味しいですよ。栗のほっこり感が良い感じです。
あまり甘めに作らなくても栗、玉ねぎが甘いのでお試しください。

2011年8月24日 (水)

涼拌三絲(リャンバンサンスー)なのか?

創作料理かもしれません。

母のレシピですが、こんなの見たことありません。

Dsc_4922


涼拌三絲字のごとくですが冷たくて細い具材を使えばよいっぽいですが、
黄身酢ってのは見たことがないですね。オリジナル料理かも。

材料
胸肉
きゅうり
トマト
卵黄

レシピです。

まず黄身酢を作る。
酢を煮立ててその中に砂糖を入れて混ぜる。基本分量はいつもお好みですが、ここは甘く決めたほうがおいしいです。
そして卵黄ひとつと手早く混ぜて塩味をつけたら完成。

次に本体のほうを。
まずキュウリを細切りにして、かるく塩でもみます。
そして鳥胸肉を酒でまぶしてレンジで蒸してそのご後割いてください。
出てきた汁は割いた肉にまた含ませたほうが良いです。

トマトは薄くくし切り。
キュウリは搾って写真のように盛り付けたら完成です。
食べるときは全体を混ぜてもよろしいかと。
後ごま油なんかをかけても良いです。

こんな料理見たことありませんが、バンバンジーの変り種として面白いですよ。
いがいとおいしいです。お試しあれ。